では、どんなビジネスでもウェブを介して起業すれば成功するのかといえば、
答えは“NO”である。

しかし、「とりあえずウェブに参入」と考える起業者が多いため、
残念ながら、ウェブビジネスは思ったほど儲からないという風説が広まっているのである。

基本的には、ウェブだから、リアル店舗だからという棲み分けでビジネスを考えるよりも、
あなたが扱いたいと思う商品やサービスがネットに適するものであるかどうかを判断基準にすべきである。

ネットに敵すると判断されればネットを立ち上げるべきだし、対面で行う方がより
適しているというのなら、いさぎよくウェブは諦めるべきである。
何はともあれネットビジネスというスタンスでビジネスをスタートさせると、必ず行きづまることになるだろう。

ウェブに載せればなんでも売れるわけではないのだ。
言い換えれば、売れる商品やサービスだからこそ、ウェブに載せることで
さらに販路を拡大できるのである。

もともと売れるというベースなくしてウェブビジネスへ展開するのは時期尚早である。
そもそも、ネットだリアルだという前に、顧客との関係がきちんと築けるベースが必要である。
それがあってこそ、消費者の信頼を得ることができ、ビジネスが回っていくのである。

現在はネットの使用環境が向上し、ネットへの接続も手軽にできるようになった。
携帯によるネット環境の向上はネットビジネスの可能性を広げている。
ネットを介した商品の売買も非常に日常的になっている。
だとしても、実際に商品を手にとって選ぶ方がよいもの、なんどもアドバイスを重ねて
購入を決定するようなものはウェブビジネスに向いているとはいえないであろう。

しかし、それを簡単に購入できる仕組みを発見できたとしたら、あなたは先駆者である。
もしそうだとしたら、 すぐさま起業すべきである。

やはり企業となるとタイミングも大事である。
仕組みを発見し、間違いないと確信が得られればすぐさま動くべきだ。
鉄は熱いうちに打てとはよく言ったものだ。

 

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備

不況を生き抜く起業独立(会社設立)の方法

c by こんな時代だからこそ会社設立(起業独立)してやる